ライフサイエンス 領域融合レビュー

Leading author's

器官のサイズを制御するHippo-YAP/TAZシグナル伝達経路

2016年4月21日

宮村憲央・仁科博史
(東京医科歯科大学難治疾患研究所 発生再生生物学分野)
email:宮村憲央仁科博史

領域融合レビュー, 5, e004 (2016) DOI: 10.7875/leading.author.5.e004
Norio Miyamura & Hiroshi Nishina: Organ size regulation by Hippo-YAP/TAZ signaling pathway.

Download PDF

続きを読む

生物をかたちづくる細胞運動と細胞極性

2015年4月27日

鈴木 誠・上野直人
(基礎生物学研究所 形態形成研究部門)
email:鈴木 誠上野直人

領域融合レビュー, 4, e006 (2015) DOI: 10.7875/leading.author.4.e006
Makoto Suzuki & Naoto Ueno: Cell movement and polarity required for animal development.

Download PDF

続きを読む

神経管および体節中胚葉に分化する体軸幹細胞の制御

2014年7月9日

竹本 龍也
(徳島大学藤井節郎記念医科学センター 初期発生研究分野)
email:竹本龍也

領域融合レビュー, 3, e007 (2014) DOI: 10.7875/leading.author.3.e007
Tatsuya Takemoto: Regulation of the axial stem cells deriving neural tube and paraxial mesoderm.

Download PDF

続きを読む

大脳新皮質での神経回路の形成における軸索ガイダンス機構

2014年2月18日

新明洋平・田中英明
(熊本大学大学院生命科学研究部 神経分化学分野)
email:新明洋平

領域融合レビュー, 3, e002 (2014) DOI: 10.7875/leading.author.3.e002
Yohei Shinmyo & Hideaki Tanaka: Axon guidance mechanisms in forebrain connections.

Download PDF

続きを読む

代謝プログラムによる幹細胞の機能の制御

2013年11月11日

田久保 圭誉
(慶應義塾大学医学部 坂口講座テニュアトラック・プログラム)
email:田久保圭誉

領域融合レビュー, 2, e012 (2013) DOI: 10.7875/leading.author.2.e012
Keiyo Takubo: Regulation of stem cells by metabolic programs.

Download PDF

続きを読む

幹細胞の多能性を規定する分子機構

2012年12月11日

丹羽 仁史
(理化学研究所発生・再生科学総合研究センター 多能性幹細胞研究プロジェクト)
email:丹羽仁史

領域融合レビュー, 1, e008 (2012) DOI: 10.7875/leading.author.1.e008
Hitoshi Niwa: Molecular mechanism governing pluripotency of stem cells.

Download PDF

続きを読む

プログラム細胞死:その分子機序と発生における生理的な役割

2012年9月1日

三浦 正幸
(東京大学大学院薬学系研究科 遺伝学教室)
email:三浦正幸

領域融合レビュー, 1, e002 (2012) DOI: 10.7875/leading.author.1.e002
Masayuki Miura: Molecular mechanisms and physiological functions of programmed cell death during development.

Download PDF

続きを読む